無料で音楽を聴こう MacでWindows?!

iCloud同期とバックアップの違いを簡単に解説

iPhone/iPad/iPod touch
スポンサーリンク
こんにちは!Apple TS Laboのだいです

同期…

普段何気なく使ってるけど、イマイチよくわからないなぁ…

こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

iCloudのバックアップって?

クラウドでバックアップが取られている様子

iCloudの同期を理解する前に、バックアップの意味が理解できていないと同期の意味が理解しづらいかもしれません。まずはここを簡単にご説明します。

✔︎ バックアップ = データのコピー

バックアップの意味はデータのコピーと思ってください。

つまり、クラウドのバックアップはデータのコピーがネット上に保存されるので、iPhoneからデータを消しても戻すことができます。

ただ、iCloudのバックアップは「同期をオンにした場合バックアップとして含まれません」ので、必ず注意が必要です。(後ほど画像つきで解説します。)

>>iCloudのバックアップの方法

iCloudの同期って?

クラウドで同期されている様子

上記が理解できれば、次は同期についてです。

✔︎ 同期 = 同じことを同じようにする

同期の意味は同じことを同じようにすることだと思ってください。

つまり、クラウドに保存されているわけではなくクラウドとiPhoneが同じようになるのです。

例えると、下記のようにiPhoneにあるデータを消すとクラウドのデータも消えますので、消した写真は戻ってくることはありません。

クラウドと同期している場合の削除の様子

これである程度、同期とバックアップについては理解できたかと思います。

iCloudの同期とバックアップの違い

さて、本題に入ろうかと思います。

・バックアップ=データのコピー

・同期=同じことを同じようにする

これが理解できましたら、具体的にiPhoneでどうなるかをご説明します。

iCloudの同期の項目


iPhoneで、「設定➡︎ユーザー名➡︎iCloud」と進むと写真やメモなどが有効になってますよね。

あれは、全部バックアップではなくて同期なんです。

なので、ここで有効にしたものが同期され、無効にしたものは同期されません。

ここで一つ疑問が生まれます。

じゃあ、同期をやめて、バックアップにすることはできないの…?

もちろんできます。

そこで次はiCloudの同期を無効にし、iCloudバックアップに含める方法を紹介いたします。

iCloudバックアップに含める方法

手順は簡単で至ってシンプルです。

今回はよくお問い合わせをいただく、写真を例に同期からバックアップに含める方法をご紹介します。

Step1、iCloudから写真を選択

iCloudで写真を選択している様子

Step2、iCloud写真をオフ(無効)に選択

iCloudで写真をオフにしている様子

Step3ストレージを管理を選択

iCloudでストレージを管理を選択している様子

Step4バックアップを選択

iCloudでバックアップを選択している様子

Step5、デバイスを選択

デバイスのバックアップを選択

Step6「フォトライブラリ」がオン(有効)になっていれば完了です。

*同期がオン(有効)になっている場合は、現れません

フォトライブラリが表示されている

補足:バックアップにできないものってあるの?

・メール

・連絡先

・カレンダー

・リマインダー

・メモ

・メッセージ

・Safari

・iCloud Drive

上記を見ていただければわかると思いますが、写真以外全部です笑

むしろ、一度オン(有効)にしてしまうと上記の項目はオフ(無効)にしたら消えてしまいます。。。

写真以外は容量もたいしたことにならないので、オフにする必要もないかと思いますね。

iCloudの同期まとめ

✔︎データのバックアップとして保存だけでいい方は、同期をオフにしてバックアップに。

✔︎別デバイスにデータを同期して連携したい方は同期に。

>>iCloudバックアップの方法

こういった感じでApple製品の使い方や改善策、お役立ち情報を掲載しています。

質問や相談等があればTwitterでDMいただければ時間があるときに直接回答、もしくは記事で回答させていただきますので是非、フォローお願い致します!

読者にとって問題解決の糸口になれば幸いです(*´ω`*)

コメント