無料で音楽を聴こう MacでWindows?!

【WindowsもOK】外付けのHDD・SSDをMac対応のフォーマットにする方法

フォーマット変更方法 Mac
スポンサーリンク
  • フォーマットってなに?
  • Mac 対応のフォーマットにする方法は?
  • フォーマットって難しい?


こんな疑問に答えます。


先に結論を言ってしまうと、フォーマットは慣れれば1分で出来るほど簡単です。ただ、注意点がいくつか…。


そこで今回は、フォーマットの変更方法と注意点、WindowsとMacが使えるフォーマットを紹介します。


本記事を読むと、フォーマットの変更方法と変更前の注意点が理解できます。ぜひご活用ください。


簡単な紹介

当ブログの筆者は、リンゴマークで有名なコールセンターの業務に5年ほど従事していました。スペシャリスト歴は4年ほどです。


スポンサーリンク

フォーマットってなに?

フォーマットってなに?

世間一般では、フォーマット=初期化と言われてますね。


実際、フォーマットすると中身のデータが消えてしまうので間違いではないですが、
正しくは「読み書きの作業ができるようにする設定」のことを言います。


Mac の場合はですね、外付けの HDD・SSD を接続すると読み込みも書き込みもできない、もしくはどちらか片方ができないことが多々あるんですよ。

その場合ほとんどが、Windows専用のフォーマットだからなんです。


Mac には Mac 専用の設定、Windows には Windows 専用の設定、正しく適したフォーマットがあることを理解することが大事です。


フォーマット前の注意点

フォーマット前の注意点
  • データが消えるので注意を
  • 用途によって正しいフォーマットを

フォーマット前の注意点は上記の2点です。


だい
だい

簡単に説明しますね。


データが消えます

前述しましたが、フォーマットすると専用に作り変えるので、データが全部消えます。

データが消えてもいいディスク、もしくはデータを退避してからフォーマットするようにしてください。


関連記事【2020年最新版】Mac対応のおすすめHDD・SSD3選


用途によってフォーマットが変わる

後述しますが、フォーマットは種類があり、使用用途によって正しいフォーマットを選択する必要があります。


と言っても難しくないので、次で簡単に解説しますね。


Mac 対応フォーマットの種類

フォーマットの種類
  • exFat
  • MS-DOS(FAT)
  • Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  • APFS

Mac 対応のメジャーなフォーマットだけをピックアップしました。


だい
だい

順に解説していきますね。


exFat

Mac と Windows 両方で使用できるフォーマット。Windows からのデータ移行、Mac からのデータ移行がスムーズになります。


Windows からMac や、Mac から Windows へのデータの引越しには、このフォーマットへの変更を忘れないようにしてくださいね。


MS-DOS(FAT)

ざっくり説明するとexFAT ができる前はこれで、Mac と Windows のデータを移行してきました。


正直今は使わないので、MS-DOS(FAT)にする機会は滅多にないです。


Mac OS 拡張(ジャーナリング)

10.12(Sierra)までのバージョンで使われていた Mac 専用のフォーマット。このフォーマットのおかげでユーザーの利便性が非常にあがりました。


外付けのディスクにTime Machineバックアップをする場合は、必ずこのフォーマットが必須です。


関連記事【これで安心】Time Machineバックアップ方法の手順


APFS

10.13(High Sierra)からリリースされた Mac 専用のフォーマット。

APFS のおかげでパーティションではなくボリュームを使い、可変式のパーティションを使えるようになりました。


外付けの HDD に10.13以上のmacOSをインストールする場合は、APFSが必須。


関連記事外付けのHDDにMacOSを入れる方法?!


どのフォーマットにすればいいの?

どのフォーマットにすればいいの?
迷ったらここを見よう

  • Time Machineバックアップ=Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  • 外付けのディスクにデータを管理=Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  • Mac と Windows 間でデータのやり取り=exFat
  • Mac を初期化=10.12以下ならMac OS 拡張(ジャーナリング)
  • Mac を初期化=10.13以上ならAPFS

覚えなくても、これさえ見ればだいたいは理解できます。


迷ったらこれを見てください。


Mac 対応のフォーマット変更方法

Mac 対応のフォーマット変更方法
  • 基本的な変更方法
  • 物理ごと変更する方法

ここからは、実際にフォーマットの変更方法を紹介していきます。


難しそう…

めちゃくちゃ簡単なんで安心してください。


基本的なフォーマットの変更方法

Step1、外付けのディスクを接続

外付けのディスクを接続


Step2、Finderからアプリケーションを選択

Finderからアプリケーションを選択


Step3、ユーティリティからディスクユーティリティを起動
※command+shift+U でもユーティリティが表示されます

ユーティリティからディスクユーティリティを起動


Step4、外付けのディスクを選択し消去をクリック

外付けのディスクを選択し消去をクリック


Step5、フォーマットを選択し消去をクリック

フォーマットを選択し消去をクリック


Step6、完了をクリック

完了をクリック


物理ごと変更する方法

Step1、左上の「表示」をクリック

左上の「表示」をクリック


Step2、「すべてのデバイスを表示」を選択

「すべてのデバイスを表示」を選択


Step3、物理ディスクを選択し消去をクリック

物理ディスクを選択し消去をクリック


Step4、方式とフォーマットを確認

方式とフォーマットを確認


Step5、方式を「GUIDパーティションマップ」に変更し消去
※このとき、「 Appleパーティションマップ」とそれっぽい名前があるが無視してください。

方式を「GUIDパーティションマップ」に変更し消去


Step6、完了をクリック

完了をクリック


だい
だい

以上で終了です。簡単でしたね。




外付けのHDD・SSDをMac対応のフォーマットにする方法まとめ

外付けのHDD・SSDをMac対応のフォーマットにする方法まとめ

フォーマットって名前を聞くと、聞きなれないので難しく考えがちですが、意外に簡単でしたよね。

データが消えるので、空のディスクを用意するのを忘れずに。


関連記事【2020年最新版】Mac対応のおすすめHDD・SSD3選


Windows も使える exFat は重宝するので、フォーマットの名前だけでも覚えて帰ってください。

それでは本日はここまで。ではまた。


コメント