無料で音楽を聴こう MacでWindows?!

【ぜったいに知っておきたい】Mac で Windows を使用する方法5選

Mac
スポンサーリンク

Mac で Windows が必要に…。Boot Camp とか Parallels とか聞くけど、どれがいいんだろう…


こんな疑問に答えます。


こんにちは!Dai Blog のだいです


近年、テレワークや在宅での仕事がますます活発化しており、Macで Windowsを使う機会も年々増えてきています。


実際、Office系の書類はWindowsで作成する方が安定しますし、会社から強制でWindowsの使用を求められている方もいると聞きます。


だい
だい

まぁ確かに、Macで作ったパワポは結構表示ずれるって聞きますしね…


そこで今回は、Mac で Windows を使う方法を5つ紹介します。


本記事を読むと、あなたにとって最適な『Macで Windows使う方法の選択』ができるようになります。ぜひご活用ください。


簡単な紹介

当ブログの筆者は、リンゴマークで有名なコールセンターの業務に5年ほど従事していました。スペシャリスト歴は4年ほどです。


スポンサーリンク
24時間安定稼働の初期費用無料、最低利用期間無し、月額1,800円から使える【ConoHa for Windows Server】

 ★緊急告知★
 —————————————————————-
 \最新OS「Windows Server 2019」を提供開始/
 ■全プランに用途に合わせて選べるテンプレートを3種類ご用意
 —————————————————————-

\ConoHa WEB広告限定キャンペーン実施中/
新規でConoHaのアカウントを登録すると
もれなく【700円】クーポンプレゼント!

▼キャンペーン詳細
WEB広告限定キャンペーン| Windows VPSならConoHa
本ページから新規でConoHaのアカウントを登録した方限定!VPSが最大7日間無料!


スポンサーリンク

MacでWindowsを使うにはどれがおすすめ?

MacでWindowsを使用する方法
  • Boot Camp
  • Parallels
  • VirtualBox
  • ConoHa for Windows Server
  • VMware Fusion

MacでWindowsをつく方法は上記の5つ。


後述しますが、初心者やパソコンに詳しくない方は Boot CampParallelsConoHa の中で選べば間違い無いです。


だい
だい

それでは早速紹介しますね。


① Boot Camp

Boot Camp
料金Windowsのライセンス料金のみ
購入方法該当なし
操作性Macのスペックをフルで使える
手軽さデュアルブートのため再起動が必要
おすすめ使い方安く抑えたい方や、Windowsがメインの方向け
特徴何と言っても安くて有能
公式HPBoot Camp

MacでWindowsを使用する方法の中で、一番最初に頭に浮かぶのがBoot Camp

いわゆるデュアルブートシステムで、2つの起動できるOSが共存する方法ですね。



とりあえず「試しで Windows 使ってみようかな」って方には、Boot Campでいいかなと思います。必要なのはライセンス料金だけですしね。



② Parallels

Parallels
料金WindowsとParallelsのライセンス料金が必要
購入方法サブスクリプションと買い切り
操作性Macと同時に使えて便利だが、メモリを食う
手軽さアプリを起動するだけ
おすすめ使い方MacとWindowsを一緒に使いたい方や、時間を節約したい方向け
特徴Sidecarやデスクトップの共有など
公式HPParallels

全世界700万人がダウンロードしている仮想化ソフトウェア。MacでWindowsを使用するツールの中で、最強のツールじゃないですかね。


関連記事 ParallelsとBoot Campのメリットデメリット >

Sidecarも使えるし、デスクトップも共有できるし。控えめに言って、Windowsパソコンよりもすごくないですか?


これから、Windowsも使う方にはおすすめですね。



\14日間無料!まずはお試し/


③ VirtualBox

VirtualBox
料金無料
購入方法該当なし
操作性無料のため、落ちたり動作に難あり
手軽さアプリを起動するだけ
おすすめ使い方無料で使いたい方や、パソコンに慣れている方向け
特徴完全無料
公式HPVirtualBox

現在、Windowsを無料で使えるのはこれだけじゃないですかね。


デメリットとしては、無料なので問題が起きても自分で解決する必要があります。上級者向きかもしれないですね。



④ ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server
料金月々1800円〜
購入方法サブスクリプション
操作性クラウド環境での使用のため、パソコンのスペックは一切関係なし
手軽さ初期設定が少々面倒
おすすめ使い方最低利用期間がないので短期間や、安定して動かしたい方向け
特徴Officeが使える
公式HPConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Server はVPS(virtual private server)いわゆる仮想専用サーバーです。色んなデバイスから接続できます。

リモート作業にはうってつけ。iPadやiPhoneでも、Windowsを使えるってのは驚きですね。



関連記事 ≫ConoHa for Windows Serverの評判・口コミ【7つのメリット・3つのデメリット】


月額1800円からで安いし、最新のWindows Server。なんといっても最大のメリットは、Office系が無料で使えること。


一時的にWindowsを使わなきゃいけない場合は、こちらの方が手取り早くておすすめですね。



\1日58円!登録後すぐに使える/


⑤ VMware Fusion

料金WindowsとVMware Fusionのライセンス料金が必要
期間買い切り
操作性Macと同時に使えて便利だが、メモリを食う
手軽さアプリを起動するだけ
おすすめ使い方MacとWindowsを一緒に使いたい方や、時間を節約したい方向け
特徴Parallelsと比べると力負けする
公式HPVMware Fusion

今ではParallelsにシェアを奪われる形になりましたが、一昔前はFusionの方が有名でした。こちらもParallelsと同じで仮想化ソフトウェアです。


Parallels以上のメリットが見つからないんですが、強いて言えばアップグレード時の値段がParallelsより安いことがぐらいですかね。


エンジニアの方や、使う理由がある場合に選択する印象です。



MacでWindowsを使用する方法まとめ

MacでWindowsを使用する方法まとめ

今回はMacでWindowsを使う方法を5つ紹介しました。

筆者も経験ありますが、仕事で Office系を使う場面って結構ありますよね。特に学生の方とかはWindowsじゃないと厳しいかも。(先生による)


用途によって使う方法が違うので、特徴や使い勝手は自分の目で確かめてみるのが一番です。

それでは本日はここまで。ではまた。


どう使う?


関連記事 ≫ Parallels と Boot Camp のメリット・デメリットを解説【結論は〇〇】

関連記事 ≫ ConoHa for Windows Server の評判・口コミ【7つのメリット・3つのデメリット】


\14日間無料でお試し/

コメント