無料で音楽を聴こう MacでWindows?!

【超便利】Time Machineのバックアップを復元する方法【データの移行はこれで解決】

Mac
スポンサーリンク

Mac買ったはいいけど、データってどうやって戻せばいいんだろう…

こんな疑問に答えます。


こんにちは!Apple TS Laboのだいです


バックアップがまだの方はこちら


Time Machineバックアップさえ取っておけば、Macにある全てのデータを戻すことができます。

超便利…!



Time Machineバックアップを戻す方法はめちゃくちゃ簡単なので、データの移行に悩んでる方はぜひご活用ください。


簡単な紹介

当ブログの筆者は、リンゴマークで有名なコールセンターの業務に5年ほど従事していました。スペシャリスト歴は4年ほどです。

スポンサーリンク

Time Machineバックアップから復元する方法

Time Machineバックアップから復元する方法
  1. データだけ復元する
  2. macOSごと復元する

Time Machineバックアップを復元する場合2種類の方法があります。


必ず操作を行う前に、外付けのHDDは繋いでおきましょう。

データだけを復元する方法

  1. 移行アシスタントを起動
  2. 転送先を選択
  3. 転送したいデータを選択
  4. 移行するアカウントの再設定
  5. データが転送されるまで待つ

手順はこれだけです。


詳しく解説してきますね。


移行アシスタントを起動

Step1、移行アシスタントを開き続けるを選択

*Finder ➡︎アプリケーション ➡︎ ユーティリティ もしくは Finder ➡︎ command+shift+U

移行アシスタントを開き、続けるを選択


Step2、ログインパスワードを入力しOKを選択

ログインパスワードを入力しOKを選択


Step3、「Time Machineバックアップから」を選択し続ける

Mac,Time Machineバックアップ、または起動ディスクからを選択


転送先を選択

Step1、バックアップが保存されているディスクを選択して続ける

バックアップが保存されているディスクを選択して続ける


Step2、戻したい日時を選択して続ける

戻したい日時を選択して続ける


転送したいデータを選択

Step1、転送したいデータを選択して続ける

転送したいデータを選択して続ける


*転送したいデータはこのように選択できます

転送したいデータの選択画面


*番外編:アカウントが重複している場合

アカウントの重複画面

同じ名前がある場合に出てきます。

必要がなければ置き換えましょう。ユーザーを消すのは簡単なので、心配だったら残しても大丈夫です。


残す場合はユーザーアカウント名を変更しておきましょう。

移行するアカウントの設定

Step1、パスワードを設定を選択

パスワードを設定を選択


Step2、移行するアカウントのパスワードを再設定し、「パスワードを設定」を選択

移行するアカウントのパスワードを再設定し、「パスワードを設定」を選択


Step3、続けるを選択

完了後、続けるを選択


Step4、認証を選択

認証を選択


Step5、Mac内のユーザーのパスワードを入力し「OK」を選択

Mac内のユーザーのパスワードを入力し「OK」を選択

データが転送されるまで待つ

Step1、キャンセルを選択

キャンセルを


Step2、後は待って移行を完了するまで待つ

移行が完了した画面


再起動後

再起動後の移行が完了した画面


だい
だい

お疲れ様でした!以上で完了です。


MacのOSごと復元する方法

  1. command+Rで起動
  2. ユーティリティから「Time Machineバックアップから復元」を選択
  3. 復元するデータの保存されているディスクを選択
  4. 戻したいバックアップを選択
  5. バックアップを戻すディスクを選択

こちらも手順はこれだけ。


だい
だい

詳しく解説しますね。


command+Rで起動

電源ボタンを押した後、リンゴマークが出るまでcommand+Rを長押し

電源ボタンを押した後、リンゴマークが出るまでcommand+Rを長押しする。


リンゴマークが出れば手を離しても大丈夫

リンゴマークが出れば手を離しても大丈夫です。


ユーティリティから「Time Machineバックアップから復元」を選択

Step1、ユーティリティから「Time Machineバックアップから復元」を選択

Time Machineバックアップから復元を選択


Step2、続けるを選択

次の画面で続けるを選択


復元するデータの保存されているディスクを選択

復元するデータの保存されているディスクを選択

戻したいTime Machineバックアップがある外付けのディスクを選択後、続けるをクリックする。


戻したいバックアップを選択

戻したいバックアップを選択

戻したいバックアップの日時を選択後、続けるをクリックする。


バックアップを戻すディスクを選択

Step1、バックアップを戻すディスクを選択し復元をクリック

バックアップを戻すディスクを選択し復元をクリック


Step2、ディスクを消去を選択

ディスクを消去を選択


後は待つだけ・・・

バックアップデータの復元中

データの復元が始まってます…


データの復元が完了
だい
だい

以上で完了です。お疲れ様でした!


Time Machineのバックアップを復元する方法まとめ

今回はTime Machineバックアップを復元する方法をご紹介いたしました。

Macのデータ移行は思ったよりも簡単ですよね?筆者も初めてTime Machineバックアップで復元した時、簡単すぎて感動しました!


どのHDDにするか悩んでいる方はこちらの記事も参考にしてください。


こういった感じでApple製品の使い方や改善策、お役立ち情報を掲載しています。

質問や相談等はTwitterでDM、もしくは下にあるコメント欄にお願いします。時間があるときに直接回答、もしくは記事で回答させていただきますので、フォロー!コメント!お待ちしてます!

読者にとって問題解決の糸口になれば幸いです(*´ω`*)

コメント